ジャイアントパンダ&レッサーパンダの紹介しょうかいをしています。

パンダ新聞(しんぶん) ニュース

中国(ちゅうごく)でパンダの顔認識(かおにんしき)アプリを開発(かいはつ)
2019年5月24日
中国(ちゅうごく)人工知能研究者(じんこうちのうけんきゅうしゃ)たちが、ジャイアントパンダの識別(しきべつ)目的(もくてき)とした顔認識(かおにんしき)アプリを開発(かいはつ)しました。 このアプリは、飼育(しいく)されているパンダと野生(やせい)のパンダの両方(りょうほう)適応(てきおう)されます。 研究(けんきゅう)チームは、2017年のプロジェクト開始(かいし)から、ジャイアントパンダの12万枚(まんまい)画像(がぞう)と1万本(まんほん)のビデオクリップを収集(しゅうしゅう)してきたとのことです。この(やく)1万枚(まんまい)のパンダの写真(しゃしん)(ぶん)せきや情報(じょうほう)付加(ふか)などを(おこな)ったそうです。 開発(かいはつ)されたアプリとデータベースは、野生(やせい)のパンダの(かず)分布(ぶんぷ)(ねん)れい、性別比(せいべつひ)出生(しゅっせい)死亡(しぼう)についてのデータをより正確(せいかく)収集(しゅうしゅう)できるとのことです。(とく)野生(やせい)のパンダは、(さん)がく地帯(ちたい)生息(せいそく)しているため、(つい)せきが(むずか)しいそうです。 ジャイアントパンダをすぐに識別(しきべつ)できるようになるのは、とても便利(べんり)ですね。
参考さんこうCNET Japan
ニュース » 中国(ちゅうごく)でパンダの顔認識(かおにんしき)アプリを開発(かいはつ)

last
パンダたち